スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モバコイのサクラ報告
2009年07月07日 (火) | 編集 |
あーーーちゃんどす ∩∩☆

もうすぐK1-MAX、魔裟斗vs川尻だーーーっ(>w<)超楽しみです!


リンクを貼ってもらった、とまとさんのblog(http://tomato9430jp.blog53.fc2.com/)が最近、あ~ちゃんのお気に入り☆彡


あたしも、いっつもグチばっかblogにこぼしてるので、ちょっとは役立つ事を載せなきゃと思って、あ~ちゃんお得意の三国志よりちょっと切ない話を(σ´∀`)σ゙


むかしむかし、蜀(中国の三国のひとつ)軍を統治していた天才軍師・諸葛亮孔明は、息子のように可愛がっていた愛弟子の馬謖(ばしょく)を若手の中から大抜擢し、大将として「街亭」という山の守りにつかせました。しかし、馬謖(ばしょく)は孔明の命令に背き、浅はかにも自らの才に溺れてしまい、味方は全滅してしまいます。。。(>w<)


蜀の首都・成都に戻った孔明さんは、蜀国の将来を背負う人材であり、父子のように接してきた馬謖を軍法どおり死罪に処するべきか悩む。。。


才能がある馬謖の助命を訴える武将も数多くいたが、孔明は心を鬼にして、馬謖に対して死罪を言い渡す事になります。そして、「お前の家族とその生活は私が生涯、責任を持って保証するから心配はいらぬ。」と告げると、馬謖は涙を流しながら、ただただ孔明に「これまで父子のように接してもらった日々は決して忘れません」感謝の意を述べ、孔明の前から去っていきました。


しばらくして馬謖が処刑されたことを聞いた孔明は、人目をはばからずに涙を流しながら、実践経験のない馬謖の暴走を予測できなかった自分自身を責めたというお話。


それからと言うものの、処分するに惜しい人物であったり、個人的な感情としてはそうしたくはないが、違反があったときには全体の統制を保つために処分しなくてはならないようなとき、「泣いて馬謖を斬る思いで…」と表現するようになったといわれる。


泣けるぜコーメイ様~~~・゚゚゚(´□`。)°゚。


そんなわけでサクラを晒しましょう!


【サイト名】
モバコイ
http://pc.51051.jp/

【サクラ名】
涼子♪ さん 32歳

タイトル: 登録したばかりの涼子です無料で使えるみたいだから私とメールしませんか?顔写メ送りますね

コメント: はじめまして保育園で保母さんしてる32才の涼子です出会いがない職場で彼氏もできずに寂しい毎日そんな生活とお別れするために登録しました私にとって初だから成功するかどうか心配だけど…同じ地域で年齢も理想的なあなたを選びました無料みたいだしメールからスタートしませんか



e26c34e140ee9da7f3a87a77d1fdb7ed_1501024[1]



32才!あたしと同い年にしては若い写メだわな ∩∩☆なんつーシャツ着とんねん!




あなたの一票が出会い系被害者を救いますっ!ポチッと押してくれたら感謝ですm(__)m宜しくお願い致します





いつも応援ありがとo(*^▽^*)oテヘ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます。
こんにちは(^O^)
記事を拝読しておりましたら、突然名前が出て参りましたので、テレテレしております。
ご紹介下さり、ありがとうございます。

とまとも、三国志&孔明様大好きです♪
まさか、とまとのような拙い者と、あの孔明さまの「泣いて馬謖を切る想い…」が、一緒に紹介される日が来ようとは、夢にも思いませんでした。
恐縮しております。

お礼に応援させて頂きます♪
2009/07/08(Wed) 15:15 | URL  | とまと #mQop/nM.[ 編集]
Re: ありがとうございます。
>とまとさん

コメントありがとうございまっす!とまとさんも三国志好きなんですね~!感激すぎる~☆彡
吉川さんや北方さんの小説も面白かったけど、一番好きなのは横山光輝さんの漫画でした。

「泣いて馬謖を…」のエピソードをはじめ、仁義を第一とする英雄たちの志は、今の政治家の皆さんにも見習ってほしいものですっ!まさに「尽くさんかい!」の精神ですねw


2009/07/08(Wed) 21:36 | URL  | あーちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。